MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • ARDEN
  • G-POWER
  • m7
  • Capristo
  • mon
  • iiD
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

東京店らしいGクラス!!!

こんばんは内山です

本日はまさに東京店らしいGクラスG350が完成致しましたのでご紹介させて頂きます!!!

G350 カスタム インチアップ リフトアップ

今回はG350dをベースにガッツリ男前仕様にさせて頂きました(笑)

まずはとにかくブラックアウト!

真っ黒のGクラスって・・・

本当悪い感じなりますよね!笑

GFG アンダーガード 

オートサロン出展車輌以来、初のGFGアンダーガードをお取付!

edition463用よりもパネルが大きくなっており、男らしさを強調してくれますね

ここだけはシルバーのまま残してみました~!

フロントグリルはいつも通りラッピングでメッキパーツをブラックアウト済で~す

ジェネラル グラバー

ホイールはG63用を半ツヤブラックにペイントをし、

タイヤはいつものグラバーを組み合わせさせて頂きました!!!

ですがこの大人気なグラバー・・・

まさかのもうこのサイズが生産中止になってしまいました

また新しいタイヤ探さないと・・・。

G350 カスタム

今回はレンズ類もスモークペイントしてガッツリ真っ黒仕様!!

後から見ても、

悪いなー(笑)

ゲレンデ ドリンクホルダー

そしてこちらも鉄板のオリジナルステアリングとドリンクホルダーを装着して完成です

ドリンクホルダーはお陰様でかなりの勢いで販売させて頂いております!

在庫もまだまだ御座いますよ~(^_^)

という訳でまだまだ大人気なGクラス!!

お問い合わせもお待ちしております!!!!

 

Gクラス 1221 ホイール

これはプロのカメラマンによる撮影なのですが、

同じ場所で撮影しているのにこうも違ってくると流石に凹みますね(笑)

 

 

 

C63クーペ!!

こんばんは!!

石井です♪

W205担当の石井です(笑)

本日ご紹介するのはコチラ!!

AMG C63クーペ!!

純正です!

どこを見ても純正です!!

何をやったのか!!

純正パーツでアップグレード?!

Edition1のパーツを各部取り付けさせて頂きました♪

まずはコチラ!

Edition1フロントリップスポイラーのお取り付け!!

純正バンパーの下部に追加させるだけですが・・・

恒例のバンパー外し!!(笑)

現行C-Classのバンパー脱着率多いです(笑)

そしてサイドも、

Edition1サイドトリムフィンをお取り付け!!

コチラも純正の上に被せるだけ・・・なのですが・・・

そんな簡単じゃなかったです(笑)

装着後はかなり横に張り出すので、足を引っ掛けないように要注意です!!

リアは、

純正なのにまぁまぁデカい(笑)

Edition1リアスポイラーを装着!!

横から見ると・・・

結構な角度です!!

競輪場のバンクぐらいありますね(笑)

他にもEdition1パーツはリアディフューザーもありますが、今回はこの3点になりました♪

画像だとどれくらい変わったか??

ちょっと伝わりにくいですが、かなりスポーティになりました!!

純正パーツで楽しむ!!

結構お問い合わせも多いので、気になった方は、お電話お待ちしております♪

石井でした

完成デスっ!!

こんばんは♪

ボンドショップ東京店イイムラでゴザイマスm(__)m

今年に入ってから毎月1台MANSORYのボディーキットを組ませて

いただいております♪

今月も1台完成いたしましたのでご紹介いたします♪

ベントレー フライングスパー マンソリー ローダウン コンチネンタルGT

ド新車のBentley Flying spurをご納車前にお預かりさせていただき、

MANSORYフルキットを装着した上でご納車させていただきました~♪

いやー、かなりキョーレツです(笑)

お取付させていただいた内容は、、、

MANSORY フロントスポイラー

MANSORY グリルマスク(フロントスポイラーと同時交換が必要な為)

MANSORY サイドスカート

MANSORY リアスカート

MANSORY トランクスポイラー

になります!!

ベントレー フライングスパー ローダウン ロアリング マンソリー

フロントバンパーのメッシュはマンソリーからブラックで入荷しますが、

今回は特注メッキ加工となります!!

後期型のこのバンパーはやっぱりカッコイイですね♪

マンソリー ベントレー コンチ GT GTC フラスパ エアロ

サイドスカートはフィン部分のみをカーボンで残しアクセントをつけてあります!!

マンソリー ベントレー ベンテイガ カーボン エアロ 22インチ

リアバンパーはディフューザー部分のみをカーボンで残し、シンプルな

仕上げにいたしました!!

トランクスポイラーはボディー同色にペイントしてお取付させていただきました。

マンソリー 22インチ ホイール ベントレー ローダウン

車高はiiDロワリングキットで程よくローダウン。

ホイールはこれまた特注のメッキ仕様のM8/1 22inchです♪

ブレーキキャリパーがナント!!オプションセラミックブレーキであった為、

ノーマルよりローター系がデカくパンパンです!!

と、いうようにめちゃくちゃヤバイ1台が完成いたしました~♪

新車の納車時にこの状態ですからハンパじゃないですね!!

やっぱりMANSORYはボンド東京にオマカセくださいm(__)m

マンソリー ベントレー ローダウン ロワリング 22インチ ホイール

待ってます!!

こんばんは!!

石井です♪

最近チョロっと思うんです・・・

Levanteがいない・・・(笑)

まだまだこれからだとは思うのですが、寂しいのでご紹介していこうと思います

カイエンよりも幅が大きいLevante、東京では駐車場問題がありますが、やっぱり外せないチューナー系エアロ!!

いきなり大本命のMANSORY ワイドボディキット(笑)

各店でご紹介させて頂いておりますので、細かい説明は省きます

ちなみにワイドボディキットのみの構成部品は、フロント/サイド/リア/オーバーフェンダーの4点ですが、

フルバンパータイプではないので、ワイドボディキットにしては比較的手ごろです♪

それでも定価¥2,340,000-ですが・・・(笑)

ちなみに現行カイエンのMANSORY、ワイドボディキットだけで400万オーバーです(笑)

カイエンに比べるとほぼ、半額でワイドボディキットがイケちゃうんです♪

↑の画像のようにするには、オプションパーツ満載&タイヤホイールは必須なので、金額は・・・

お問い合わせ下さい!!(笑)

そして、

LEAP DESIGN ワイドボディキット!!

MANSORYに比べればシンプルですが、スッキリまとまってカッコいいです♪

こちらは定価¥1,200,000-

いやいやワイドボディはさすがに・・・

という方は・・・

安心してください!

↑の2メーカーワイドボディキットではない設定もあります(笑)

そういえば、NOVITECからワイドボディキットが出るとか出ないとか・・・

コチラは正式に発表されればご紹介します♪

チューナー系エアロでガッツリ攻めるのも良いですが・・・

ローダウン&社外ホイールでサラッと弄るのもカッコいいです♪

他にもPowerCraft製バルブ付きマフラーで音量UPしたり、最近では・・・

デイライトも施工出来る様になりました♪

まだまだこれから増えてくると思いますが、レヴァンテオーナー様!!

お問い合わせお待ちしております!

石井でした

 

 

 

 

 

アメリカ出張 vol.2 (HRE編)

こんばんは内山です

本日はアメリカ出張 vol.2 HRE訪問編をお届け致します

3日目はホテルから移動する事約1時間。

アメリカ製鍛造ホイールメーカーHRE社を訪問させて頂きました!!

hre 社屋

写真では良く見た事ある景色!

以前にアメリカ出張の時にも会社の前を通った為寄ってみようかと思ったのですが、

流石に一切アポを取っていなかった為諦めたんですよね・・・。

ですが今回はちゃんと事前にアポを取って訪問する事が出来ました!

hre ショールーム

ショールーム内にはホイールがズラリ。

新作はイベントの関係で出払ってしまっていたみたいですが、こんなに沢山のHREのホイールを見る機会

も中々ないのでじっくり拝見させて頂きました(笑)

このHREのロゴが入った機械は新しく導入したマシンらしく、スタッフが帰宅した後も

グングンとホイールの製作を進めてくれる機械だそうです!

今後納期が一週間程縮められる予定になるそうですよ(笑)

HRE 工場

そしてファクトリー内はとにかく整理整頓されていて、とても綺麗な印象でした!

東京店も見習わないとです・・・汗

そしてHREの拘りにはこんなところにも。

これはホイールディスクの裏側なのですが、ちゃんと軽量化の為にくぼみを作ってあり

ホイールの重量を軽減させております!

ホイールを組んでしまったら全く見えないところですが、拘りを感じますね~

そして内山実は前から思っていたことがあります。

finishをブラッシュド仕上げを選択すると、大抵のメーカーは標準料金なのですが・・・。

HREは一本約6万円位かかります。

正直高いなーと思ってましたが、今回HREのファクトリーを見学させて頂いて納得しました。

職人 ブラッシュド

ブラッシュドは職人が一本一本手作業で仕上げております

それは大変ですよ・・・。

それは料金発生するのは当たり前ですよ・・・。

そしてHREのブラッシュドの仕上がりは抜群ですから・・・。

納得の金額です!笑

HRE ミラーポリッシュ

そしてHREはポリッシュの仕上がりも半端ないです

これも職人による手作業です!

ピッカピカですね~(笑)

最後にHREの方々と様々なお話しをさせて頂きました!

こうして海外のメーカーと直接お話しをさせて頂く機会って中々ないですからね・・・

今回は本当に良い経験でした!!

特にHREはクォリティコントロールが凄いと感じました

やっぱり安心して販売出来るという事は売る側も買う側もとっても重要な事ですよね

HREに関するお問い合わせもお待ちしておりますよ~(笑)

 

という訳で内山アメリカ出張のご紹介は今回で終わりになります!

詳細はボンドツアーでご案内させて頂きますので乞うご期待!!!